Martin 1939 D-18 [ヴィンテージ品]

1939年製マーティンD-18。プリウォーならではの素晴らしいサウンド。演奏性良好

1939年製のマーティンD-18。いわゆるPre War期のヴィンテージ品です。
'30年代初頭に12Fジョイントで発表されたD-18は、'30年代半ばに14Fジョイントとなり、アコースティックギターのスタンダードモデルとして現在も不動の地位を築いています。

リア・シフテッド・スキャロップドXブレーシング、トータスセルロイド・バインディング、トータスピックガード、エボニー指板&ブリッジという、'39年製ということでプリウォー最後期のスペックとなっています。

アディロンダック・スプルーストップ、マホガニーサイド&バック、薄めのソフトVシェイプ・マホガニーネック、指板&ブリッジはエボニーですが、ブリッジは交換されています。
ボディ&ネック裏はリフィニッシュ、ヘッド表裏オーバーラッカー、ペグはオリジナルのオープンギア・グローバーですが、別のペグが取り付けられていた跡が見られます。

サイド&バックのマホガニー材に数箇所割れの補修が見られます。裏側にパッチを貼るなどしてしっかり補修されており、表面はリフィニッシュされているので、写真のとおり補修跡は目立ちません。

フレット、ナット、サドル、ブリッジ、ブリッジピン、エンドピンは交換されています。
フレットはわずかに減りが見られる程度で、しっかりメンテナンスされているので演奏性は良好。

ナット幅約42.9mmで薄めのネックなのでとても弾きやすいギターです。
ストロークした時にギター全体が大きく震える感じはプリウォー・マーティンならでは。音の粒立ちも良く、非常にバランスの良いサウンドで、マホガニーらしい芯のある音色です。魅惑のプリウォー・マーチンをぜひ!


■付属品:オリジナルハードケース


■仕様
BODY STYLE : Dreadnought 14F-Joint
TOP : Adirondack Spruce, "Rear-Shifted" Scalloped X-Bracing
BACK&SIDES : Mahogany
NECK : Mahogany, Soft-V Shape, Set-Neck Joint
FINGERBOARD : Ebony
SCALE LENGTH : 約645mm
NUT : Bone, 42.9mm Width
TUNERS : Grover Open-Gear
BRIDGE : Ebony
PICKGUARD : Tortoise Celluloid
SERIAL NUMBER : 737XX

他の写真

  • 付属ハードケース
  • 付属ハードケース

ご注文商品代金合計が50,000円(税別)以上の場合は送料無料!
送料に関してはこちらをご確認ください。